Recherche

Accueil > Artists

荻野 昇

元東京交響楽団首席奏者

武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会に出演。 1981年、高橋達也と東京ユニオン・ジャズ・オーケストラに入団。 1983年、群馬交響楽団に入団、第1トロンボーン奏者を務める。1990年、東京交響楽団の首席トロンボーン奏者に就任。東京交響楽団第45回定期演奏会において武満徹の「ジェモー」(オーボエ、トロンボーン、2つのオーケストラ、2人の指揮者のための)を邦人初演し好評を博す。東京交響楽団のトップ・プレイヤーで結成されている「ザ・トウキョウシンフォニー・ブラス・クインテット」のメンバーでもあり、1993年には、ベルギーので行われた“ジャパン・フェスティバル1993”に出演し、絶賛された。 また、ジャズ・オーケストラ「篠崎秀樹とスウィート・ファンタジア・オーケストラ」のメンバーでもあり、既に2枚のCDに参加している。1985年より8回のリサイタルを東京(東京文化会館等)を行い、幅広いジャンルの音楽に積極的に取り組む活動は各方面から注目されている。 1998年、ベルウッドレーベルより初のソロCD「カクテル・トロンボーン」をリリース。
2011年、第二弾「夜の静寂に」をリリース。
元東京交響楽団首席トロンボーン奏者。スウィート・ファンタジア・オーケストラ等に所属。群馬県からす川音楽集団常任指揮者。
現在吹奏楽の指導やフリーランスとして演奏活動をしている。

[使用楽器:〈アントワンヌ・クルトワ〉“AC420NSBHR-1”,“AC400B”]

Instruments
Legend AC420
Discography
カクテルトロンボーン(1998)
夜の静寂に(2012)
Contact / Social
Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping